研究者情報

 

研究者名 栗田 泰生(くりた やすなり)
研究分野 ブラックホールという言葉は、みなさん聞いたことがあるのではないでしょうか。ブラックホールは不思議なものです。なんでも吸いこんでしまいますが、吸い込んだものの特徴(情報)を消してこっそりと放出するらしいのです。と同時に“熱的に”振舞うと考えられています。そうしたブラックホールの性質について研究しています。そうすることで自然界の基本法則についてより深く理解できるのではないかと期待しています。
もう少し研究者向けには言いますと、専門は理論物理学です。ブラックホールを糸口として自然法則を考えることに興味があります。またボース・アインシュタイン凝縮体などの物性系において(Hawking輻射などの)場の量子論的効果がどのように実現するのかに興味があります。最近ではBTZブラックホールの熱力学的な振舞いを共形場理論で記述すること、その数理的構造などに興味があります。
研究業績 最近の論文:

  • Y. Kurita and H. Nakano, Physical Review D93, 023508 (2016). “Gravitational waves from dark matter collapse in a star”
  • Y. Kurita and M. Siino, Physical Review D89, 024018 (2014). “Teichmuller parameters of multiple BTZ black hole spacetime”
  • K. Yoshino, Y. Kurita, A. Zukeran, T. Misu, Y. Iida, N. Kanai, K. Koh, Advaced Materials Research Vol.590, pp.503-507 (2012). “Development of study aids and project activity procedures for STEM education”
  • Y. Kurita and K. Nakao, Progress of Theoretical Physics, Vol.128, pp191〜211 (2012). “Dynamical instability in a relativistic cylindrical shell composed of counter rotating particles”
  • Y. Kurita, M. Kobayashi, M. Tsubota and H. Ishihara, Physical Review A 82, 053602 (2010). “Particle creation in Bose-Einstein condensates : Theoretical formulation based on conserving gapless mean field theory”
  • K. Nakao, T. Harada, Y. Kurita and Y. Morisawa, Progress of Theoretical Physics, Vol.122, pp.521〜541 (2009). “Relativistic Gravitational Collapse of a Cylindrical Shell of Dust. II —Settling Down Boundary Condition–”
  • Y. Kurita, M. Kobayashi, T. Morinari, M. Tsubota and H. Ishihara, Physical Review A79, 043616 (2009). “Spacetime analog of Bose-Einstein condensates: Bogoliubov-de Gennes formulation”
  • M. Kobayashi, Y. Kurita, T. Morinari, M. Tsubota, and H. Ishihara
    Journal of Physics: Conference Series 150, 032044 (2009). “Particle Creation in Bose-Einstein Condensates: Numerical Analysis of the Bogoliubov-de Gennes Equation for Trappied Ultracold Atoms”
  • Y. Kurita and H. Ishihara, Classical and Quantum Gravity Vol.25, 085006 (2008). “Thermodynamics of squashed Kaluza-Klein black holes and black strings: a comparison of reference backgrounds”
  • K. Nakao, D. Ida and Y. Kurita, Physical Review D77, 044021 (2008). “New instability in relativistic cylindrically symmetric system”
  • Y. Kurita and T. Morinari, Physical Review A76, 053603 (2007). “Formation of a sonic horizon in isotropically expanding Bose-Einstein condensates”
  • Y. Kurita and H. Ishihara, Classical and Quantum Gravity, Vol.24, pp.4525〜4531 (2007). “Mass and free energy in the thermodynamics of squashed Kaluza-Klein black holes”
  • K. Nakao, Y. Kurita, Y. Morisawa and T. Harada, Progress of Theoretical Physics, Vol.117, pp.75〜102, (2007). “Relativistic Gravitational Collapse of Cylindrical Shell of Dust”
  • Y. Kurita, K. Nakao, Physical Review D73, 064022 (2006). “Naked singularity resolution in cylindrical collapse”
  • H. Nakano, Y. Kurita, K. Ogawa, and C.-M. Yoo, Physical Review D71, 084006 (2005). “Quasinormal ringing for acoustic black holes at low temperature”
  • H. Kudoh, Y. Kurita, Physical Review D70, 084029 (2004). “Thermodynamics of four-dimensional black objects in the warped compactification”
  • Y. Kurita, M. Sakagami, Progress of Theoretical Physics, Vol.113, 1193-1213 (2005). “CFT description of three-dimensional Hawking-Page transition”
  • Y. Kurita, M. Sakagami, Physical Review D67, 024003 (2003). “Quasi-normal modes of D3-brane Black Holes”

解説記事:

  • 栗田泰生、小林未知数、森成隆夫、坪田誠、石原秀樹、日本物理学会誌第65巻、pp.187〜190, (2010). “ボース・アインシュタイン凝縮体における粒子生成―曲った時空とのアナロジー―”

外部資金獲得状況:

  • 文部科学省 科学技術研究費「若手研究(B)」 平成21年度〜平成22年度 研究代表者 “ボース・アインシュタイン凝縮体を用いた時空アナロジーの研究”
卒業研究 いろいろな学科の卒業研究生を受け入れています。テーマは学生本人の興味等に合わせて相談の上設定します。これまでのテーマは「火星フォボスの軌道進化について」、「蜘蛛の巣構造の力学的強度について」、「縦断勾配錯視の特徴について」です。他のテーマ例として「GPSにおける相対性理論による補正について」などを考えています。

 

外部サイト

 

リンク(※)

(※)当サイトからリンクしている外部サイトは、各サイト運営者の責任において管理・運営されており、それらの外部サイトは当大学の管理下にありません。当大学は、ユーザの皆様が外部サイトをご利用になったことにより生じたいかなる損害についても責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

▲このページの上へ
Copyright (c) Kanagawa Institute of Technology 2012.All Rights Reserved.