研究者情報

研究者名 浅川 友幸(あさかわ ともゆき)
研究分野 スコット・フィッツジェラルド研究
研究業績

学術論文

  • “Three Roles of Automobiles in F. Scott Fitzgerald’s Novels”、『東洋大学人間科学総合研究所紀要』第22号、東洋大学人間科学総合研究所、27-46頁、2020年3月。
  • “‘Old Sport’ Is Jay Gatsby’s Way of Life: Familiarity, Snobbery, Ridicule, and Failure”、『東洋大学人間科学総合研究所紀要』第21号、東洋大学人間科学総合研究所、27-43頁、2019年3月25日。
  • “Gatsby ‘Brought to Life’: A Comparative Study of Trimalchio and The Great Gatsby”、『東洋大学人間科学総合研究所紀要』第20号、東洋大学人間科学総合研究所、39-55頁、2018年3月21日。
  • 「『オールド・スポート』はどう訳すべきか?」、『国際文化表現研究』第13号、国際文化表現学会、29-51頁、2017年3月31日。
  • “Two Questions about F. Scott Fitzgerald and ‘Trimalchio’”、『東洋大学人間科学総合研究所紀要』第19号、東洋大学人間科学総合研究所、101-120頁、2017年3月21日。
  • 「回転と破滅の輪舞曲」、New Perspective第47号(2)、新英米文学会、24-36頁、2015年2月15日。
  • 「デイジー・ブキャナンは魔性の女か?――パフォーマンスをキーワードにして」、New Perspective第45号(2)、新英米文学会、4-16頁、2014年2月15日。
  • 「ディック・ダイバーは敗北者か?」、New Perspective第44号(1)、新英米文学会、24-34頁、2013年7月15日。
  • 「ギャツビーとトムの対決について――『グレート・ギャツビー』と『トリマルキオ』の本文比較研究」、『東洋大学大学院紀要』第44号、東洋大学大学院、337-350頁、2008年3月31日。
  • 「ジェイ・ギャツビーの表情について――『グレート・ギャツビー』と『トリマルキオ』の本文比較研究」、『大東文化大学英米文学論叢』第39号、大東文化大学英文学会、47-61頁、2008年3月31日。
  • 「書き換えられたデイジーとギャツビー」、『大東文化大学英米文学論叢』第38号、大東文化大学英文学会、81-89頁、2007年3月31日。

学会発表

  • 「ギャツビーが『オールド・スポート』を連呼する理由(わけ)」、日本F. スコット・フィッツジェラルド協会2017年度全国大会(杏林大学)、2017年7月8日。
  • 「ギャツビーが『オールド・スポート』を連呼する理由(わけ)」(ワーク・イン・プログレス)、日本F. スコット・フィッツジェラルド協会2017年度第1回東京研究会(文京学院大学)、2017年6月10日。
  • 「破滅は回転する――遊園地の文化史と『夜はやさし』」、アメリカ文学会東京支部例会分科会演劇・表象部門(慶応義塾大学)、2015年9月26日。
  • 「『グレート・ギャツビー』におけるデイジーのパフォーマンスを考察する」、新英米文学会2013年度理論研究第2回(早稲田奉仕園)、2013年11月16日。
  • 「『夜はやさし』における乗り物について」、日本F. スコット・フィッツジェラルド協会全国大会(成蹊大学)、2013年4月27日。
  • 「ディック・ダイバーは敗北者か?」、新英米文学会第43回全国大会個人研究発表(長野大学)、2012年8月18日。
  • 「フィッツジェラルドとヘミングウェイ――両者の描くロマンスを比較する」、大学院英文学専攻課程協議会第39回研究発表会(立教大学)、2005年11月26日。

その他

  • 「ギャツビーが「オールド・スポート」を連呼する理由(わけ)」(Proceeding)、『フィッツジェラルド研究』第1号、日本F. スコット・フィッツジェラルド協会、12-13頁、2018年3月28日。
  • 『リベラルアーツのための英文精読演習――Improving Your English Literacy for Liberal Arts』、リベラルアーツ英語教育研究会 (分担執筆、範囲:21-23、Unit 8 「The Great Gatsby (1925) by F. Scott Fitzgerald」)、風間書房、2016年3月31日。
  • 「森の生活と都会の生活」、『命の泉を求めて――日本ソロー学会50年の歩み』(日本ソロー学会創立50周年記念特別号)、日本ソロー学会、8-9頁、2015年10月22日。
  • 「飯田先生の思い出」、『大東文化大学英米文学論叢』第37号(飯田隆昭教授退任記念号)、大東文化大学英文学会、115-117頁、2006年3月31日。
卒業研究

授業

担当授業
  • 英語III
  • (特)英語III
  • 英語IV
  • 英語VI
授業配布物

外部サイト

リンク(※)

(※)当サイトからリンクしている外部サイトは、各サイト運営者の責任において管理・運営されており、それらの外部サイトは当大学の管理下にありません。当大学は、ユーザの皆様が外部サイトをご利用になったことにより生じたいかなる損害についても責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

▲このページの上へ
Copyright (c) Kanagawa Institute of Technology 2012.All Rights Reserved.